curognacの名前の由来


curognacという屋号は、

フランスの故・ポスター画家レイモン・サヴィニャック氏のsavignacと、

私の旧姓を掛け合わせた造語です。

 

今から15年ほど前、わたしは福岡発信の情報誌を作る会社で

編集部のアシスタントをしていました。

ある日、福岡市南区大橋にあるデザインのセレクトショップ

organ(オルガン)への取材に同行させてもらったときのこと。

店内の素敵なセレクト雑貨に目移りしながら、ふと、

壁に飾られていたsavignacさんのポスターを見、、、釘付けに。

心を奪われた様子のわたしを見て、社員のSちゃんが

「たまちゃんは、クロニャックやね」と言ったのが始まりです。

きっかけは、Sちゃんのひとことでしたが
(本人に数年後話したら そんなコトすっかり忘れてたけど。笑)

IMG_0481

savignacさんの絵は、

かわいいけど、ちょっぴりシュール、社会風刺もあり、

絵のアナログでマットな感じも好きで、知れば知るほど大好きに。

90歳を超えても活動を続けてらっしゃるのもいいなぁと思って。

わたしも、おばあちゃんになるまで絵を続けていこうと決めたんです。


コーヒー飲んでるお兄さんの絵は、その頃に描いたもの。

もちろん、本人には無許可でこう名乗っています。。


彼が晩年愛した町である、

フランス北西部の港町・トゥルービル。

Exif_JPEG_PICTURE

パリからは、 サン・ラザールGare St Lazare駅から

Trouville – Deauville行き電車で約2時間ほどの距離です。

独身時代に勢いでパリ旅したときは、

12月で寒すぎるから無理だよと滞在先のファミリーに止められ、

そのかわりに「夏に行ったときのものよ」と

savignacさんのカードをいただき、

パリ服飾美術館のギャラリーショップで、分厚い青の図録を購入し帰国。

(…この時は下調べも不十分だったから、行かなくて正解だったと思う)

 

その数年後、新婚旅行にパリを選び、

夫と一緒に日帰りでトゥルービルへ。

 

前回の旅をきっかけにフランス語を習い始めたのに、

残念ながら習熟度が足りず、肝心の美術館の休館日を見落とし

中にスタッフさんがいて一瞬ドアを開けてくれたかと思いきや

明日またおいでと言われ泣きべそかいたのも切ない思い出。。。

 

Exif_JPEG_PICTURE

トゥルービルの町には、あちこちに、彼の絵があり、

浜辺沿いには、プロムナード・サヴィニャックという、

1キロほどのお散歩道もあります。

パリで生まれ育って、晩年トゥルービルへ移り住んだ彼は、

この町の丘のうえにある墓地に埋葬されています。

棺にも、かもめが絵筆を加えているかわいい絵が。

(訪れる人が多いのか、墓地管理のかたが、

わたしたちを見て「savignac?」と場所を教えてくれました)

Exif_JPEG_PICTURE

savignacさんの墓前に立ち、

自分が名前の一部をいただいてcurognacと名乗っていること、

わたしもおばあちゃんになるまで絵描きでいること、

いつかまた、いい報告をしにきます、そんなことを伝えました。

 

 

また、いけますように。


サヴィニャックさんを愛するかたは、日本に多くいらっしゃいますよね。

彼のことを知るのにとってもオススメなのは、

ほぼ日刊イトイ新聞の「ポスター描きのサヴィニャックさん」かな♪